MENU

パーマと抜け毛の関係について

女性でも男性でも、ファッションや身だしなみでパーマをかけることがあります。ただ、パーマをかけた場合、髪の毛が抜けやすくなるという話は良く聞く話です。
本当にパーマをかけると抜け毛が増えるのか、という疑問に対して、まずは、パーマをどのようにかけるのかというところから見ていきます。

 

パーマは、髪の毛を形作る結合したタンパク質を一旦分解し、パーマ処理をした後に再結合させるものです髪の表面はキューティクルで守られているため、それも突破するような強い薬液を使用します。
パーマ処理をした後、一度分解したたんぱく質を綺麗に再結合することが出来れば、髪へのダメージはそれほどありません。

 

しかし、再結合がうまく行かなかった、再結合が不十分である、再結合に必要な処理を行わなかったということになると、髪の組織は分解されたままとなり、切れ毛となってしまうのです。一部には、これが抜け毛が増えたと感じられる要因のようです。
あるいは、パーマ処理を行う際に、刺激が強いパーマ液を頭皮に付着させてしまうと、頭皮がダメージを受け、髪の毛に十分な栄養を送ることが出来なくなるため、抜け毛の原因となります。

 

このように、パーマをするにあたっては、様々な観点から細心の注意を払うことが求められます。そのため、パーマによる抜け毛や切れ毛をできるだけ防止するためには、自分で行うセルフパーマは避けることをおすすめします。

 

自分でセルフパーマを行うと、後頭部などの見づらい部分の処理を行う時、頭皮にパーマ液が付着する可能性が高くなってしまいます。美容室やサロンなどでパーマをする時にも注意が必要です。

 

まずは、頭皮に炎症がある場合や切れ毛、抜け毛がひどい場合はパーマをかけることは止めましょう。頭皮と髪にさらなるダメージを与えてしまいます。

 

次に、その美容室やサロンで使用されているパーマ液がどのようなものなのかを詳しく知ることが求められます。パーマで受けるダメージをきちんと修復してくれるパーマ剤を使用しているサロンを選ぶようにしましょう。

 

髪にダメージを受けるリスクはあるものの、パーマを行う前後の調査やケアをきちんと行えば、ダメージを極力軽減することは可能ですので、しっかり調べてから行くようにしましょう。

 

関連ページ

カラーリングをすると抜け毛が増える?
カラーリングをすると抜け毛が増えると言われていますが、実際はどうなのでしょうか?